家で太陽光発電をする場合に考えることは

08. 3月 2016 未分類 0

東日本大震災をきっかけに、原子力発電が止まるなど、電気事情について考えさせられることも多くなってきています。

家庭でも、電気の節約をする目的で、LEDライトなどが大流行していますが、他にもできることといえば、太陽光発電です。

家の屋根にパネルを設置することで太陽光を電力に変換できるので光熱費が軽減でき、また余った分に関しては売ることもできますので経済を助けます。

さらに、災害時に電線が切れたとしても、太陽光発電で電力をまかなえるというのは大きな安心です。電気が使えるだけでも不便さは格段に違ってきます。クリーンエネルギーですから環境にもやさしいのも良い点です。

もちろん、良い点ばかりではありません。当然ですが、天気が悪ければ発電量はすくなくなります。

初期費用としてパネル設置には、100万円程度は覚悟しなければなりませんから、電気を売って元を取ろうと思っている場合、それなりの時間がかかります。

また、太陽光発電を導入している家庭が増えていることもあり、売電価格が低下傾向にあることも気になります。

ただし、自治体によって補助金も用意されています。太陽光発電の補助金から手を引いている自治体も増える一方、力を入れる自治体もあるので、まずは自分の住んでいる場所はどうなのか調べる事が重要です。

そして太陽光発電を導入する場合、もっとも注意が必要な点は、業者選びです。

太陽光発電の普及に貢献したいという業者から、パネルをたくさん売れるチャンスだ、とにかく売ればいい、という業者までいろいろな業者があるのです。

良い業者のポイントとしては、やはり実績が多く、太陽光発電の仕事を主にやっている、太陽光発電の専門業者を選ぶことです。

ちょっともうかりそうだから手を出そう、といった業者とは違い、ノウハウがしっかりあります。

安さだけを売りにしている業者などは、工事で雨漏りをさせてしまうようなお粗末なところまであるのです。苦情を言おうにも倒産してしまったら困りますから、メンテナンスという観点からも、業者選びは大切です。

とはいえいろいろ業者を選ぶのは大変ですが、無料で使える比較サイトもあります。すでに一定のレベルの業者に絞って掲載している中で比較できるサイトを選ぶと手間がはぶけます。