エネルギー問題の解決には太陽光発電が必要

08. 3月 2016 未分類 0

日本のエネルギー問題は、今や無視することができない状況になっています。

日本のエネルギー自給率は非常に低く、原子力発電所の稼動が制限されていることもあり、なかなか改善への決め手がないというのが現状です。

人々の関心も徐々に高まりを見せ、資源問題の解決を望む声や、環境への配慮を訴える声が、日に日に大きくなってきました。

そんな中、次世代のクリーンエネルギーの核となるべく注目されているのが、太陽光発電です。

太陽光発電は、別名ソーラー発電とも呼ばれる、太陽エネルギーを利用した発電方法のことです。

エネルギー源に太陽を利用することで、枯渇することがないという部分が大きなメリットになります。

さらに、火力発電のように大気を汚染する物質がでてしまうこともありませんので、環境への配慮という点においても、非常に優秀だということができます。

構造的にもたいへんシンプルで、手入れが比較的楽であるという点も、太陽光発電の大きな魅力のひとつです。

設置場所の面積に合わせた規模で導入することが可能ですので、一般家庭での利用にも問題はありません。

騒音がでるようなこともないため、ご近所に迷惑をかけるような心配もなく、安心して利用することができます。

このように、次世代クリーンエネルギーの核となる可能性を持っている太陽光発電ですが、解決しなければならない問題も、まだいくつか存在します。

それは、発電量が不安定であるという部分です。

太陽エネルギーを利用しているという特性上、悪天候が続いた場合の発電効率の低下は、どうしても避けることができません。

太陽電池の出力は、日射の量によって決まりますので、現状では致し方がないともいえます。

しかし、より小さな面積で多くの太陽光を集め、効率的な発電を行うための研究もさかんに行われていますので、これから先もずっとデメリットであり続けるとは限らないでしょう。

日本のエネルギー問題を解決するためには、資源問題や環境問題をクリアする必要があります。

太陽光発電は、そんな問題をクリアできる可能性を、大いに秘めているのです。